み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

米大使館エルサレム移転
パレスチナは抗議デモ

 イスラエルの建国70年となった5月14日、米国のトランプ政権が米大使館をテルアビブからエルサレムに移転した。トランプ政権は、エルサレムをイスラエルの首都とも正式認定している。パレスチナ側が反発を示す中、中東情勢は黙示録の構図へとどのように進んでいくのか。
 5月14日、イスラエルにとって建国70周年という記念すべきタイミングに、米国のトランプ政権が米大使館をエルサレムに移転させた。
 エルサレム・アルノナ地区で行われた大使館開設式典には、トランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官、娘婿のクシュナー大統領上級顧問、ムニューシン財務長官らが出席した。また、トランプ大統領が「エルサレムはユダヤの人々が古代に確立した首都だ」などと述べたビデオメッセージを送った。
 イスラエルのネタニヤフ首相は式典で、エルサレムについて「永遠で不可分なイスラエルの首都」であると述べ、今回のトランプ氏の決断については、「何代にもわたり国民の記憶に受け継がれる日となった」と称賛の言葉を述べた。また、諸国に対し、「エルサレムに大使館を移転すべきだ。それが和平を進展させることになる」と呼び掛けた。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

池袋J.GOSPEL LIVE開催 The Vision主催
段階の変化を実感するイベントに

 5月12日、池袋西口公園野外ステージで「池袋J.GOSPEL LIVE」(The Vision主催)が午前11時~午後4時30分、5時間半にわたって行われた。日差しもあり、とても過ごしやすい天候の一日となり、最初から最後まで祝福されたライブとなった。
 今回で同ライブは2度目。定例で行われている『J.GOSPEL FES』よりも一段規模の小さいイベントの位置づけで今回は14グループが出演した。特別出演としてクワイヤも加わった。
 広場に集まった多くの人々に、歌集『やすらぎの歌』『風のひびき』(荒地に川ミュージック)から、多くのオリジナルゴスペルの曲が人々に届けられた。この場所では過去何度とライブを行ってきたが、今回は今まで以上に人々が真剣に聴き入っているように感じられた。
 曲が終わると多くの方々が拍手をされ、声をかけてくる方々もおられた。中にはイベントスタート時からずっと聴いていた方もおられた。

→続きはこちら
  • 『風のひびき第5集』 賛美曲賞が決定
  • J.GOSPELコンテスト 北陸地区予選開催
  • Gifts 関西・中四国・中部ツアー 前半
  • いやしの集い 東京アンテオケ教会会堂で開催
  • 論説 「J.Gospel」―後の雨、終末リバイバルの強力な武器―
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 Bless
教会情報 トップへ戻る

法王「被爆地、行ければぜひ」
バチカンで接見の長崎市長に

 長崎市の田上富久市長は5月2日、バチカン(ローマ法王庁)のサンピエトロ広場で行われたフランシスコ法王の水曜恒例の一般接見の際、「被爆地を訪問し、高齢化の進む被爆者を励ましていただきたい」と伝え、松井一実・広島市長と連名で訪問を呼び掛ける親書も手渡した。法王は「行ければぜひ」と応じたという。
 ローマ法王は、ことし1月、原爆投下直後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」と呼ばれる写真とともに、「これが戦争の結末だ」というメッセージを添えたカードを配布するよう教会関係者に指示した。
 そのことに謝意を伝えるため、田上市長はスイスで開かれている、核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備会合に参加するのに合わせてバチカンを訪問、一般接見に参列した。
 市長は、法王の平和に向けた取り組みに感謝の意を伝えたうえで「被爆地を訪問いただき、高齢化の進む被爆者を励ましていただきたい」と述べ、広島市の松井市長との連名の親書を手渡した。

→続きはこちら
  • 連載企画 「感謝の人になろう」 第17弾
  • 進め賛美隊 富士の賛美隊
  • 【彼の打ち傷によって】 
体験記・証し トップへ戻る

「孫はいやされる」 聖書のことばで確信と平安
孫の入院 気道の緊急手術

 2月7日、鎌倉にいる息子から、「子どもが入院したので、ちょっと来てほしい」と連絡がありました。7歳、5歳、2歳と小さい子どもたちがいるのですが、5歳の子が入院したので母親が付いていないといけないから、と。
 息子がそんな事を言うのは初めての事なのですぐに行きました。飛行機の中は携帯を切っていたのですが、降りたら「容体が急変したので、大きな大学病院に転院する」とメールが入っていました。
 すぐにまた「気道がふさがってしまい、呼吸困難になっているので、気道確保のため緊急手術をすることになった」と、さらに悪化の様子でした。

→続きはこちら
  • Bible 臨在

マクロン仏大統領 就任1年
積極外交で存在感示す

 史上最年少の39歳でフランス統領となったマクロン氏が、大統領に就任してから5月14日で1年を迎えた。マクロン大統領は投資銀行出身で、既存政党への不信を背景に支持を広げ、大統領となった。
 外交面では、国内政治に足を取られ欧州での求心力が低下したドイツのメルケル首相に代わり、欧州での新たなリーダーを自任し、カリスマ性を発揮している。
 トランプ米大統領との関係がぎくしゃくするメルケル独首相やメイ英首相とは対照的に、関係を強化して米欧のつなぎ役をアピールするなどした。
 また、昨年末にトランプ氏が中東外交で迷走する中、マクロン氏が中東の新たな仲介役として、気後れすることなく名乗りをあげた。パリにパレスチナ自治政府のアッバス議長を招き会談したり、イスラエルのネタニヤフ首相を仏大統領府に招いたり、さらにはアラブ圏へも積極的に関与するなどした。

→続きはこちら
  • 仏大統領・独首相 トランプ氏の離脱決定を批判
  • 北朝鮮 核実験場廃棄の式典5月末予定
  • EU 英国に警告 ブレグジット交渉「顕著な進展なし」
  • 米大使館 エルサレムへ移転 ガザで激しい抗議行動
  • インドネシア 三つの教会で連続自爆テロ
  • ロシア 軍事パレードで「キンジャール」公開
  • 終わりの時代に向かって アメリカ大使館、エルサレムに

「音声AI」が美容院などを電話予約
グーグルが開発

 米インターネット検索大手のグーグルは5月8日、音声の人工知能(AI)「グーグルアシスタント」が利用者に代わり、美容院やレストランの電話予約ができるようになったと発表した。今夏に試行する。音声AIの機能を拡充し、開発競争で米アマゾン・コムやアップルに対抗する。
 グーグルは同日開いた開発者会議で機能を実演した。グーグルアシスタントが「5月3日にヘアカットの予約を入れたいの」と美容院に電話をかけ、時間調整や予約名の登録といった約1分間の会話を、相づちを打ちながら自然にこなした。通話相手に人間ではないと疑われることなく会話した。グーグルアシスタントには、新たに著名ミュージシャンのジョン・レジェンド氏など複数の音声を採用するという。

→続きはこちら
  • 深海1万メートルにプラごみ 生態系の汚染を懸念
  • 東京都がLGBT条例制定へ 19年全面施行目指す
  • 子どもの悩み電話相談
  • ハッピーになるマンガ 大募集
  • 﨑津朝市 熊本県天草市
  • 近づく東京大地震 トイレの防災
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 免許証更新手続き 無事完了

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
祈りが必要なイスラエル

 現在イスラエルは、一気にさまざまな事柄が起こり始めました。良い事柄が起こると一斉にみんなは喜び、悲しい事柄が起こるとみんなふさぎ込む。この繰り返しが続いているのが今のイスラエルの現状です。
 この複雑な気持ちでいるのは、まず良い事として、5月12日にヨーロッパで有名なユーロヴィジョンという歌のコンテストが行われました。イスラエルも参加していたのですが、何と二十年以来の優勝! 多いにイスラエル中は盛り上がりました。
 そして次の日は「エルサレムデー」という特別な行事がありました。エルサレムデーは、1967年に起きた第3次中東戦争で、今までエルサレムの旧市街へ入り西壁(嘆きの壁とも呼ばれています)で祈ることができなかったユダヤ人たちが、戦争で勝利し、自由に旧市街の出入りができるようになったことを、神さまに感謝するイベントです。

→続きはこちら
  • 驚き!こんなにもある、コーヒーの効能
  • 旬の一品 鶏肉とそら豆のこがしソース
  • ヘブライ語

白馬キャンプ2018 申し込み受付開始
CM映像配信中

 2018年度の白馬キャンプ夏は、7月24日プレキャンプ、7月25~27日本キャンプが、ホテルグリーンプラザ白馬(長野県北安曇郡小谷村千国乙12860-1)で、開催される。
 先日、キャンプ参加の申し込み受付が開始され、すでに参加者たちが集まり始めている。申し込みはインターネットからも可能で、白馬キャンプのホームページにはたくさんの情報が掲載されている。
 CM映像「夏の白馬キャンプ2018」も公開されており、昨年行われた夏の白馬キャンプの様子を美しい映像で見ることができる。

→続きはこちら

注目This Week

<コンサート>池袋J.GOSPEL LIVE

The Vision主催
働き、次の段階へ
 

→2面 信仰面

<証し>「孫はいやされる」

聖書のことばで確信と平安
気道の緊急手術
 

→5面 体験記・証し面

<主の恵み>夏の白馬キャンプ2018

CM映像配信中
申し込み受付開始
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード