み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

2018年イスラエルチーム 後半報告
私たちは『天のエルサレム』を受け継ぐ者

 聖所から流れ出る水ミッションからイスラエルチームが10月29日~11月11日まで遣わされた。その後半の語りかけを追う。
 今回のチームで最初に開かれた集会、10月30日の夜の聖会では、昨年度のみことば、マルコの福音書11章22~24節が開かれ、昨年からのメッセージが確認された。
 2018年イスラエルチームで受けた主からの語りかけは、大きくは次の二つだ。
 一つは、新年度(主の十字架クリスチャンセンターでは11月を教会の新年度とするよう、主に導かれている)のみことば、マタイの福音書13章23節で、聖書の教えや神さまの約束を受け取り、信じ従う時、本当に100倍、60倍、30倍の実を結ぶ、との約束を神さまは与えてくださった。
 もう一つは、エルサレムに関する聖書の解き明かしだ。聖書が示すエルサレムは、『地上のエルサレム』と『天のエルサレム』があり、千年王国の後、『天のエルサレム』が降りてくる。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

海外宣教報告 イスラエルチーム
神さまの愛・恵み・祝福 後半

 2018年イスラエルチームが10月29日~11月11日まで遣わされた。先週号に続き、主の祝福を紹介する。
 11月4日、チームはガリラヤ湖湖畔で新年度礼拝となる主日礼拝を行った後、大宣教命令が語られた場所とされるアルベル山で礼拝した。新年度のみことばとしてマタイの福音書13章23節が開かれ、本年度以降、神の教え、約束を悟り、従う時、100倍、60倍、30倍の実を結ぶことが勧められた。
 5日にはヨルダン川でチームメンバー2人の洗礼式が行われ、その後、祈り込みとツアーとに分かれ、日程が進んだ。6日にはガリラヤを出発し、再び、エルサレムへと上った。
 チームでは毎晩聖会が行われたが、東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師は、アルベル山での礼拝の時、自身が聖書を開いた直後、雨が降り始め、雷が鳴ったことに触れ、かつてチョー・ヨンギ牧師の祈りの穴で7日間祈るように導かれた時にも同じことが起こり、その後、体が強くなって、自身のいろいろな事が始まったエピソードも紹介した。

→続きはこちら
  • 東京カリスマ聖会 イスラエルチームの祝福も
  • NPO法人青少年ワールドサポート21主催 チャリティーパーティーに参加
  • エルサレム 福島のレストランでゴスペル
  • 論説 年頭のみことばと共に
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 ノギタカマサさん
教会情報 トップへ戻る

米国人宣教師殺害
カメルーン派遣1カ月

 10月30日、カメルーンに派遣されていた米国人宣教師が、妻と子どもの目の前で射殺された。殺害されたのは8人の子を持つチャールズ・ウェスコ宣教師(43)。同州ウォーソーにあるビリーバーズ・バプテスト教会から、10月初めにカメルーンに派遣されたばかりだった。
 同教会のデイブ・ハルヤマン担任牧師が語ったところでは、ウェスコ一家はカメルーン北西部バメンダに滞在していた。この地域は、カメルーンでは少数派の「英語話者」が多い北西州と南西州の2州で『南カメルーン連邦共和国』(アンバゾニア共和国)の名で分離独立を求めている。南カメルーンの分離独立運動の背景にはフランス語話者の方が政治などを中心的に支配して有利にある事や経済格差への不満があるという。

→続きはこちら
  • パキスタンで死刑判決の女性クリスチャン 逆転無罪も強硬派は猛反発
  • 進め賛美隊 Lightning(ライト二ング)とZion(ザイオン)
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

デイサービス利用者から一言 「お前が嫌いだ」
ショックの中、信仰の対応 今では仲良しに

 私は、都内にあるデイサービスセンターで働いています。仕事の中で現された 神さまの栄光のわざを紹介したいと思います。
 ある日、お一人の利用者の方から、いきなり面と向かって「お前嫌いなんだよっ!」と言われました。私もいきなりの事で、「はいっ!?」と言ったきり、ショックを受けてしまい黙り込んでしまいました。その後も、無視をされたり、他の利用者にあの人はどうだ、などとこちらを見ながら文句を言っていたりするのが分かりました。
 そして車いすを押そうとすると、「やめろっ! お前が 押すんだったら降りた方がいい!」といったありさまでした。
 聖書の中には「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい」(ヤコブの手紙 1章2節)とありますので感謝して、喜んで信仰の対応をしていきました。

→続きはこちら
  • Bible ちりあくたです

米中間選挙 上院は共和が勝利
下院は民主で「ねじれ議会」

 毎日新聞などによると、トランプ米政権の発足後、初の全国規模の審判となった中間選挙が11月6日、投開票され、野党・民主党が下院(定数・改選435)で8年ぶりに過半数を奪還した。
 上院(定数100、改選35)では、与党・共和党が多数派を維持した。上下両院で多数派が異なる「ねじれ」状態が生じることとなった。
 民主党下院トップのペロシ院内総務は6日夜、下院多数派奪還について「明日は米国にとって新たな日だ」と述べた。トランプ氏はペロシ氏に電話して祝福する一方、「とてつもない成功だ。皆に感謝する!」とツイートし、応援に力を入れた上院選の勝利を強調した。

→続きはこちら
  • ブラジル次期大統領 エルサレムへ大使館移転検討
  • イエメン・内戦激化 24時間で150人以上死亡
  • コンゴ民主共和国 エボラ出血熱 死者200人超える
  • 米「テロとの戦い」 死者約50万人
  • 欧州議会 独首相「欧州軍」創設呼び掛ける
  • フランス 第1次大戦終戦100年記念式典
  • 米仏首脳会談 マクロン氏「欧州軍」を正当化
  • パレスチナ人武装組織 イスラエルにロケット弾370発
  • エジプト コプト教徒襲撃され7人死亡
  • 終わりの時代に向かって 天のエルサレム

グーグルなど巨大IT企業を規制
データ集中・市場独占の懸念

 政府は11月5日、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた中間報告を公表した。経済産業省、公正取引委員会、総務省が7月から有識者会議(座長=泉水文雄神戸大大学院教授)でプラットフォーマーへの規制のあり方を議論してきた。
 インターネットサイトの利用者に、ビジネスを展開し発信するサービスなどの基盤を「プラットフォーム」といい、それを提供する事業者を「プラットフォーマー」という。グーグルの他にアップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムが代表的だ。この4社は、各頭文字を取ってGAFA(ガーファ)と呼ばれる。他に、日本の任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメント、ディー・エヌ・エー(DeNA)、グリーなどプラットフォーマーは多数ある。

→続きはこちら
  • 情報共有アプリ「KOBEぽすと」試験運用開始 兵庫県神戸市
  • 公共施設からブロック塀の撤去へ 大阪府高槻市
  • 肥後象がん作品展 テーマは、潜伏キリシタン 熊本県熊本市
  • 冬の風物詩「雪つり」作業が始まる 石川県小松市
  • 近づく東京大地震 津波Q&A
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 2歳児のAN 日々、成長しています

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
すてきなホテルに宿泊

 先日、日本から91名の方々がイスラエルにやってきました。毎日一緒にお祈りや集会をもってとても充実した貴重な時間でした。エルサレムとテべリアを中心にしたツアーでしたが、それぞれエルサレムもテべリアもまったく違う顔を持った素晴らしい場所です。
 テべリアの宿泊先は、ガリラヤ湖畔に面する今ではとても貴重なホテルです。実は、2008年より、イスラエルの法律によってガリラヤ湖畔100~300メートル以内に建物を建ててはならないという規定ができました。08年前に建てられた建物においては移動をする必要はないのですが、08年以降においてはもうガリラヤ湖畔にホテルや家々を建てることはできなくなってしまいました。
 ですので、現在、私たちが宿泊しているホテルでは、ホテル内から歩いてガリラヤ湖に行くことができる、貴重なホテルの一つなのです。このホテルに来ると、ガリラヤ湖が目の前に広がり、いつもホッとして実家に戻ってきたような感じになり、いやされます。

→続きはこちら
  • 積極的に取りたい! 体にいい油
  • 旬の一品 小松菜とエリンギの煮浸し
  • ヘブライ語

東京アンテオケ教会のインスタグラム
全世界、五大陸すべての方々へ

 主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会では、「21世紀型の福音宣教」を進めるべく、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用を進めている。
 東京アンテオケ教会ではInstagram(インスタグラム)を用いて毎日聖書からみことばをアップしており、SNSを積極的に活用し始めている。
 SNSは海外のメガチャーチなどでも大きく用いられており、これからの福音宣教の重要なポイントになっている。

→続きはこちら

注目This Week

<聖会>帰国直後のイスラエルチーム

東京カリスマ聖会 チームからの祝福
聖化し、神の永遠の計画を全うする
 

→2面 信仰面

<証し>信仰の対応の勝利

デイサービス利用者の方から嫌われ
ショック… 今では仲良しに
 

→5面 体験記・証し面

<SNS>21世紀型の福音宣教

東京アンテオケ教会のインスタグラム
五大陸へ 毎日、聖書のみことばアップ
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード