み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

トランプ米大統領
イスラエルのネタニヤフ首相と会談

 米国のトランプ大統領は2月15日、大統領就任後、イスラエルのネタニヤフ首相と初めて会談し、中東和平についてイスラエルとパレスチナの「2国家共存」にこだわらない考えを示した。歴代の米政権の方針を転換し、より親イスラエルの立場を打ち出した形だ。終末の中東情勢と合わせ、動きを追う。
 トランプ米大統領は2月15日、イスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で、中東和平の道筋について、「(1国家と2国家共存の)どちらでもいい。イスラエルとパレスチナが満足なら、双方が最も望むものが好ましい」などと述べた。
 米国はこれまで、イスラエルとパレスチナが共存する「2国家共存」を中東和平交渉の原則としてきたが、トランプ大統領はこの考えにこだわらない姿勢を示し、方針転換を打ち出した形だ。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

ハリウッドチーム報告
ハリウッド映画の新しい流れ

 2017年2月10日午後6時(現地時間)から、米国ロサンゼルス・ハリウッドのヒルトン・ユニバーサルシティーホテルで、クリスチャンのアカデミー賞と言われる、第25回「ムービーガイド授賞式」が持たれた。TLCCC映画ミッション総主事のペテロ窪田牧師が出席し、取材した。
 授賞式で今回特徴的だったのは、ムービーガイド誌が選ぶ2016年封切りの、一般向け映画のベスト10の第1位、第2位、第5位がクリスチャンに対しての迫害、その中で迫害に屈しない人々、しかも実話または、実話を基にした優れた作品だったことだ。
 第1位の「God’s not dead 2」は、日本の映画館でも封切られた「God’s not dead(神は死んだのか)」の続編で、米国の高校が舞台。同映画の脚本家でプロデューサーの方によると、「(クリスチャンに対する)迫害は現実に起きていることだ」という。

→続きはこちら
  • Gifts 企業に招かれコンサート
  • 横須賀教会3月5日からスタート
  • 論説 祝福と約束のしるし
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 TrueVine
教会情報 トップへ戻る

クムランで60年ぶり12番目の洞窟発見
写本は見つからず

 イスラエルの国立へブライ大学は2月8日、死海の北西岸に位置するクムラン西部の岸壁で、死海文書が保存されていたとみられる12番目の洞窟を発見したと発表した。死海文書の洞窟が発見されるのは60年ぶり。
 ただ写本自体は20世紀中ごろの鉄製のつるはしが2本見つかったことから、アラブの遊牧民族が写本を奪い去った可能性が高い。CJCが伝えた。
 洞窟からは、死海文書を所蔵していたつぼや写本を包んでいた布の断片、関連するその他の遺物が発見された。
 死海文書が隠されていた洞窟はこれまで11カ所とされていたが、今回の発見により12カ所となり、今後さらに別の洞窟も発見される可能性もある。

→続きはこちら
  • トランプ大統領 教会の政治活動解禁に意欲
  • 【クリスチャンのキーポイント】 世界教会史3―中世2―
  • 【彼の打ち傷によって】 めまいと吐き気がいやされた
体験記・証し トップへ戻る

「こんなに治りが早いのは見たことがない」
捻挫がいやされた! 医師も驚く回復

 1月15日日曜日の朝、目覚めると外は大雪でした。雪に慣れていない瀬戸内に住む私は、「わー、どうしよう。今日は車では礼拝に行けない」と思いました。皆さんに連絡をして様子を知り、礼拝には歩いて行くことにしました。
 幸い礼拝場所が同じ町内にあります。リュックサックを背負い、新雪を一歩一歩踏みながら、楽しみながら歩いていました。しかし、下り坂で左足を滑らせてしまいました。
 すぐに立ち上がり、少し痛みがありましたが、「これくらいなら、帰ってシップを貼ればすぐ治る」と思い、そのまま歩いて礼拝に行きました。
 呉礼拝、広島礼拝も無事に済み、インターネット礼拝のために呉に帰ったころから、左足が痛み始めました。痛みはだんだんひどくなり、インターネット礼拝が終わるころには、痛くて痛くて、歩くこともできない状態になってしまいました。

→続きはこちら
  • Bible 信仰を学びましょう

米は中東和平の「2国家共存」こだわらず
米イスラエル首脳会談

 トランプ米大統領は2月15日、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相と初会談した。
 共同記者会見でトランプ氏は、中東和平に関して、パレスチナ国家とイスラエルによる「2国家共存」にこだわらず、「たとえ1国家でも、当事者同士が満足であれば構わない」と述べた。
 これまで長年にわたり「2国家共存構想」を支持してきた米国の、中東和平方針の撤回の表明となる。
 ネタニヤフ氏は「ユダヤ人国家とユダヤ人をトランプ氏ほど支持してくれる人はいない」と述べた。

→続きはこちら
  • 米環境長官にプルイット氏 環境規制見直しへ
  • フリーメーソン 結成300年記念礼拝
  • 北極と南極 海氷面積過去最少を記録
  • 独財務相「EUは国際的役割を拡大すべき」
  • 高まる価値 死海文書 60年ぶり12番目の洞窟発見
  • 米トランプ政権 イスラエルに入植地自制求める
  • ハマス ガザ指導者に強硬派シンワール氏を選出
  • 終わりの時代に向かって アメリカのイスラエル対応

北朝鮮 ミサイル発射 日米首脳会談直後に
国連安保理強く非難 中国に対応促す

 北朝鮮は日本時間の2月12日午前7時55分ごろ、北西部から東方向に弾道ミサイルを発射、約500キロ飛行させ日本海に落下させた。北朝鮮の弾道ミサイル発射は1月のトランプ米政権発足後、初めてだ。
 日米首脳会談直後の発射で、安倍晋三首相は訪問先の米国で「断じて容認できない」と強く非難、トランプ大統領は日本への支持を表明した。
 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い、新型の中長距離弾道ミサイル「北極星2」発射実験が「成功裏に行われた」と報道。核・ミサイル戦力の増強を進める姿勢を鮮明にした。

→続きはこちら
  • 日本のコーヒー輸入が動植物に打撃
  • ロボット「Pepper」社会貢献プログラム
  • 県議会の開会前に議場コンサート 兵庫県
  • コビトカバの赤ちゃん愛称募集中
  • 近づく東京大地震 液状化現象
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り カンボジアの電圧は220V

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
イスラエルのペット事情

 現在イスラエルではアーモンドの花が所々に咲いていて日本の桜のようです。いつもこの時期になると、日本の花見を思い出しますが、こうやってイスラエルでもアーモンドの花を見ながらイスラエルの春を楽しんでいる今日このごろです。
 ところで、最近家で飼っている猫が風邪気味のようだったので、クリニックへ連れていきました。
 イスラエルの犬猫病院は、それほど混んでいることはなく、予約などしなくてもすぐに診てもらえます。また、今回引っ越しをして初めて行った犬猫病院でしたが、獣医師さんも暇なのか検診後もずっといろいろな話をしてくれました。

→続きはこちら
  • えいちゃんママのブログ
  • 旬の一品 スナップエンドウとサーモンのサラダ
  • ヘブライ語

エンジョイ!DTM ~なるほど音づくり講座
音楽制作入門

Chapter1「さあ始めよう!」
 みなさんこんにちは。今回から始まるDTM講座を担当する三本松と申します。これから、この講座を掲載していきますので、よろしくお願いします。
 では、早速、質問です。皆さんは「DTM」という言葉を聞いたことがありますか? これは、「Desk Top Music(デスクトップ・ミュージック)」の頭文字を取った略語です。要するに、パソコン(広い意味ではスマホも含めて)で音楽を作ってしまうことなんです。

→続きはこちら

注目This Week

<海外宣教>ハリウッドチーム報告

ハリウッド映画の新しい流れ
迫害、殉教の作品 終わりの時代へ備え

→2面 信仰面

<証し>捻挫がいやされた!

こんなに治りが早いのは見たことがない
医師も驚く回復

→5面 体験記・証し面

<文化>エンジョイ! DTM

~なるほど音づくり講座 音楽制作入門
第1回 「さあ始めよう!」

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード