み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

英国のEU離脱巡り混乱 EU側は危機感
オーストラリア エルサレム首都認定を検討

 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉が大詰めを迎えている。英国全体が当面、EU関税同盟に残る合意がまとまりつつある中、直前でメイ首相が「待った」をかけるなど、事態は混迷している。欧州諸国の動きは、終末の表舞台にどのように結び付くのか、動きを追う。
 英国がEU離脱に伴う条件で、すでに実務レベルではまとまっていた「当面、英国がEU関税同盟に残る」との合意に「待った」をかけたのは、閣僚らの支持を得られないことを恐れたためで、合意成立直前での決裂となったもようだ。
 難航している理由として、英国の一部である北アイルランドと、EUに残留する加盟国アイルランドとの国境問題を巡り、意見が対立しているとの指摘もある。
 トゥスクEU大統領は10月15日、離脱条件を定めた協定なしに英国がEUを離れる可能性が「かつてなく高まった」として、強い危機感を示した。11月には、EU臨時首脳会議が行われるが、そこでの最終合意を目指してきたEU側の見通しは、難しくなってきた。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京アンテオケ教会
年末教会コンサートオーディション

 10月14日午後4時から、主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会で、年末教会コンサート GLTVスペシャルオーディションが行われた。同オーディションは9月30日に実施予定だったが、台風のため延期となり、この日に行われた。
 出場したのは43グループ。午後4時から午後7時40分まで3時間40分の長丁場となった。
 このコンサートは、ゴスペルプロダクションThe Vision(ザ・ビジョン)主催の「こころごすぺる」と同様、例年12月に、東京アンテオケ教会で行われるイベントの一つ。今年は12月30日の日曜日に教会でGLTVのスペシャルバージョンとして行われる。例年、映像とともにオーディションで選ばれた14グループが参加する。
 今回、参加したグループは、小学校低学年から熟年まで年齢層も幅広く、大勢の人が参加して大変盛り上がったオーディションとなった。東京アンテオケ教会には多くの賛美グループがあり、路上ライブや福祉施設などで活動している。中にはコンサートに出演したり、外部団体から招きを受けたりするグループもある。

→続きはこちら
  • TrueVine 東京国分寺駅前のカフェでコンサート
  • エルサレム さいたま市岩槻のデイケアでコンサート
  • 福岡Jゴスペルクラブ 精神科病院でコンサート
  • 町田教会の賛美隊 横浜市内の施設でコンサート
  • 論説 想定外の状況に対応する
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 アブラハム仲本牧師
教会情報 トップへ戻る

仮庵の祭り
クリスチャン7000人がエルサレムでパレード

 9月27日、イスラエルの三大祭の一つである「仮庵(かりいお)の祭り」(9月23~30日)に合わせて、約100カ国から福音派を中心とするクリスチャン約7000人がエルサレムに集まり、イエス・キリストの再臨を待望する式典の一環として市内でパレードを行った。
 参加者は国旗を掲げたり、楽器を奏でたりしながら行進した。このイベントを主催したのは、キリスト教系のシオニスト団体「インターナショナル・クリスチャン・エンバシー・エルサレム」(ICEJ)で、世界各国の民がエルサレムで一堂に会するという聖書の記述を先取りしたものとして毎年開催している。
 さまざまな人々がイスラエルを支持していることをイスラエル人に示すことが、このイベントの狙いだという。

→続きはこちら
  • 感謝の人になろう 第16回
  • 進め賛美隊 聖なる都エルサレム教会(鹿児島)の賛美隊
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

みこころの仕事求め 与えられた保険の営業
神さまに従う希望と喜び 成績もトップセールスに

 私は保険の営業をしています。この仕事に復職したのは1年半前です。実はこの仕事に就くのは2回目です。私は保育士の資格を持っていますが 神さまはこの営業の仕事に導かれたのです。
 この仕事を始める前、ある聖会でみこころの仕事をすることができるようにと、お祈りしていただきました。その時に、このような預言が語られました。「あなたの良い所を用いた仕事を与えよう」。
 このことばが頭に残って、さらにみこころの仕事が与えられるように祈っていきました。すると、妹からの紹介で現在の会社の面接が導かれたのです。

→続きはこちら
  • Bible 罪を赦す権威

コンゴ エボラ熱で死者139人に
感染拡大の恐れ

 中部アフリカのコンゴ東部でエボラ出血の感染が広がっている。同国保健省によると、10月16日までに139人が死亡した。確認された感染例は214件、疑いは35件報告されている。
 感染の中心はウガンダに近い北部ギブ州のベニ地区だが、武装勢力が戦闘を散発的に仕掛け、保健関係者が襲われるケースもあり、感染の正確な規模を把握できていない。
 対応支援に当たっていた米疾病対策センター(CDC)の専門チームが安全上の懸念を理由に最悪の被害が出ている地域から退避した。最近になり症例数が増えている。
 現地での武力衝突も激しくなり、100万人以上が国内外へ避難しており近隣諸国にも感染が広がる恐れがある。

→続きはこちら
  • 米南部 ハリケーン「マイケル」上陸 死者17人
  • トルコのサウジ総領事館 記者殺害疑惑
  • トルコ 米国人牧師を釈放
  • ドイツ州議会選 与党が大敗 メルケル政権に痛手
  • イエメン 「世界最悪の飢餓」 1200万人に食糧危機
  • 仏大統領 内閣改造発表
  • 中国 顔認証で監視強化
  • オーストラリア 大使館のエルサレム移転を検討
  • 終わりの時代に向かって データ流出事件

「同性婚の実現を」掲げパレード
LGBT職員に結婚休暇

 福岡市は、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」を利用した職員が、結婚休暇や介護休暇を取得できるよう検討を始める。同様の取り組みは2017年1月に千葉市が全国の自治体で初めて導入している。
 教員を含めて職員約1万5000人の福岡市が、率先して性的少数者への支援を拡充することは、民間企業などにも取り組みを波及させたい狙いがある。
 同市では、婚姻関係がある場合のみ、結婚休暇は挙式か婚姻届提出から半年以内に連続5日間、介護休暇は配偶者やその父母らの時に年間最長6カ月間を取得できる。
 同市のパートナーシップ宣誓制度は4月にスタートし、9月末までに27組が利用したという。市に宣誓書を提出すると、これまで家族にのみ認められた市営住宅の同居や市立病院で手術に同意したりすることができる。

→続きはこちら
  • 日本女性は男性の2倍インストール アプリ内課金も積極的
  • 神戸ポートタワーイベント 「チャレンジ476!」 兵庫県神戸市
  • 地域の課題解決に AI活用を模索 石川県能美市
  • 「秋の花物語」開催中 岐阜県海津市
  • 近づく東京大地震 日本の気象状況
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り とてもかわいがられています

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
秋祭り

 先日、イスラエル・日本交流会主催の秋祭りがあったので行ってきました。お祭りの数日前はとても涼しく、みんなで、「秋らしくなってきたね」と話していたばかりだったのですが、当日のお祭りは、久しぶりにとても暑い日になりました。
 そんな暑い中でも、日本人からイスラエル人まで多くの人たちが集まり、日本ぽく、かわいらしい手作りのお祭りを、和気あいあいと気持ちの良い汗をかきながら、みんなで楽しむことができました。
 子どもたちが大好きな屋台では、たこ焼き、牛丼、豚汁、シュークリームや、お餅など、さまざまな日本の食べ物が立ち並び、子どもたちの大好きな輪投げや金魚すくい、ヨーヨー釣りなどで盛り上がりました。

→続きはこちら
  • シラカシ
  • 旬の一品 サツマイモとエリンギのホットサラダ
  • ヘブライ語

映画「パウロ ~愛と赦しの物語~」
ルカ役 ジム・カヴィーゼルが語る 後編

 イエス・キリストの十字架の死までの12時間を描いた、メル・ギブソン監督の映画(「パッション」2004年)でイエス・キリスト役を演じた俳優ジム・カヴィーゼルさんが、神さまからの召し、出演の映画「モンテ・クリスト伯」、「パッション」や2018年の最新作「パウロ~愛と赦しの物語~」について語った。
 私が願うのは、皆さんがこの異教の世界に出て行くこと。勇気をもって、この異教の地に踏み入れ、恐れずに、あなたの信仰を公に表してほしい。
 この世界には、信仰に燃えた誇り高き戦士が必要です。  パウロやルカのような戦士が、彼らの名前も名声も捨て、イエスへの信仰と愛を世に知らせました。神は偉大な事をするために、われわれを、あなたを、召しておられます。

→続きはこちら

注目This Week

<ゴスペル>年末コンサートオーディション

東京アンテオケ教会
43グループが参加
 

→2面 信仰面

<証し>与えられた保険の営業

みこころの仕事求め
神さまに従う希望と喜び
 

→5面 体験記・証し面

<文化>映画「パウロ ~愛と赦しの物語~」

ルカ役 ジム・カヴィーゼルが語る
「友よ、現代のパウロたれ」 後編
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード