み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

EU 超大国へ至る道筋
メルケル氏、連立決裂 マクロン氏、支持率回復

 さまざまな障害を乗り越えながら、欧州は、患難時代、強力な巨大国として登場し、グローバル規模に拡大・成長していく。聖書の終末預言で、地政学的にロシアに該当する「北の果ての国」マゴグの地ゴグ以上の超大国(スーパーパワー)として、反キリストが覇権を握り世界を支配する「復興ローマ帝国=欧州」の台頭が予告されているからだ。紆余(うよ)曲折を経て、やがてその本来の姿を見せる欧州の現状を探る。
 ドイツのメルケル首相は11月20日、連立協議の決裂を受け、今後の対応について「少数政権には懐疑的だ。再選挙がより良い道だ」と強調した。
 連立交渉の失敗については「個人的に責任を取る考えはない」と語り、引き続き首相4選を目指していく考えを示した。
 ドイツの下院解散権はシュタインマイヤー大統領にある。大統領は少数与党による政権運営を命じることもできるが、メルケル氏は安定性を欠く少数政権ではなく、首相候補として保守与党を率い、再選挙で膠着状態を打開すべきだと主張している。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

池袋J.GOSPEL LIVE
池袋西口公園野外ステージで開催

 11月18日正午から午後5時の時間帯で、池袋西口公園野外ステージで池袋J.GOSPEL LIVE(Jゴスペルライブ)が行われた。ゴスペルプロダクションのThe Vision(ザ・ビジョン)所属グループを含め、子どもや若い世代のゴスペルグループ全17グループが出演した。
 当日は、100%雨の予報だったが、少し小雨が降る程度で天候が守られ、最初から最後まで多くの方々が立ち止まってJ.GOSPELに耳を傾けておられた。
 今回、SNSを通して来られた方や、英語圏の方々、また、傘を差しながらもずっと最初から最後まで耳を傾けていた方もおられた。中には「ゴスペルがとても楽しかった」というコメントもあり、リピーターの方で、池袋のライブに何度も来られているクリスチャンの方も「ぜひ、教会にも行ってみたい」、「11月23日の吉祥寺J.GOSPEL FES(Jゴスペルフェス)にも行きます」などと言っておられた。

→続きはこちら
  • Gifts ニューアルバム「世界の終わり」リリース
  • Gifts 東京・中野区 鷺宮地区祭りでコンサート
  • 四日市シオン教会賛美グループ 駅前商業施設でゴスペルコンサート
  • エルサレム ホテルグリーンプラザ箱根でコンサート
  • 論説 私を強くしてくださる方によって
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 佐藤頌子(しょうこ)さん
教会情報 トップへ戻る

次世代に信仰の継承を
ラインハルト・ボンケ師が最後のクルセード

 伝道団体「クライスト・フォー・オール・ネイションズ」(CfaN)の創立者であり、世界的な大衆伝道者、ラインハルト・ボンケ師が11月8~12日、ナイジェリアの最大都市ラゴスで、自身最後となるクルセード(伝道大会)を開催した。
 ボンケ師は1969年、妻子と共にドイツからアフリカ南部のレソト王国に移住し、74年にCfaNを設立。以後、働きを通して、イエス・キリストを救い主として受け入れる人々が世界で7600万人起こされてきた。
 ボンケ氏は現在77歳で、最後のクルセードを次世代の伝道者たちにバトンを渡すことに焦点を当てて、メッセージした。クルセードの動画は、ボンケ師のフェイスブックでも公開されている。

→続きはこちら
  • 米ワシントンDCで 聖書博物館がオープン
  • WCC総幹事 米テキサス州の教会襲撃に追悼の意
  • 進め賛美隊 Olivet
  • 【彼の打ち傷によって】 四十肩、右膝の痛みがいやされた
体験記・証し トップへ戻る

死の恐怖から希望へ
カトリック、エホバの証人…そして導かれた教会へ

 私が16歳の時、初めての人の死、それが父でした。火葬されるのを目の前にした時、ただただ恐ろしく、いつか自分もこのような時が来るのかと思ったとき、なぜ、生まれて来たのかとさえ恨み、暗い、重い日々を過ごしました。
 しかし、カトリック信者の夫との結婚で神さまを知り、「イエス・キリストが十字架で死なれたので、天国の門が開かれ、洗礼を受けた者たちは、天国に入れる」ということを知りました。うれしく、希望を見い出だすことができました。
 しかし、その前に、地上で残っている罪の量に応じて、煉獄(れんごく)で苦しみを受けなければいけない。というので、その期間を少しでも短くしようと、正しい生活を心がけるのですが、到底無理と諦め、ひたすらマリアさまへロザリオの祈りをささげ、取り次ぎを願い、また、先祖が1日も早くそこから天国にいけるようにと、家計をやりくりしてミサをあげていただきました。(以上の内容はカトリック教会で言われている事です。※)

→続きはこちら
  • Bible 伯楽

北朝鮮をテロ支援国家指定 米大統領
大規模な追加制裁も

 トランプ米大統領は11月20日、北朝鮮を再びテロ支援国家に指定すると発表した。2008年に指定解除して以来9年ぶりで、大規模な追加制裁も実施される。
 大統領は再指定することで、国際社会で同国を孤立に追い込み、圧倒的な力を持って核放棄に向けた交渉に持ち込みたい考えだ。北朝鮮は米国の圧力強化に反発を強めており、米朝間の緊張がさらに高まる可能性もある。
 また、中国外務省は再指定を支持しない姿勢を示した。21日の記者会見で、中国外務省の陸慷報道局長は「関係各国が、情勢の緩和や、対話と交渉の道に戻るために、有益な事を行うことを希望する」と述べた。
 米財務省は21日、北朝鮮と商取引に関与した中国人1人と中国企業など13団体、船舶20隻を制裁対象とすることを発表した。米国内の資産凍結や、米国人との取引が禁止される。北朝鮮の企業だけでなく、中国人実業家や企業に対し制裁することで、中国による北朝鮮への影響力を強めるよう圧力を掛けたとみられる。

→続きはこちら
  • レバノン・ハリリ首相、仏大統領と会談
  • チベットでM6.9、ニューカレドニアでM7の地震
  • オーストラリア 同性婚合法化へ
  • 連立交渉決裂 対応迫られるメルケル首相
  • 米国 代表部閉鎖を パレスチナに警告
  • アラブ連盟 ヒズボラを「テロ組織」と非難
  • イラク軍 国内最後のIS拠点を奪還
  • 聖書博物館がワシントンDCで開館
  • 終わりの時代に向かって 大きな地震

日本のスパコンが世界4位
NTTは量子コンピューター発表

 世界のスーパーコンピューターの性能を比べる専門家のプロジェクト「TOP500」は11月13日、最新の計算速度ランキングを公表、日本の「暁光(ぎょうこう)」が4位に入った。
 暁光は東京の「エクサスケーラー」と「ペジーコンピューティング」が開発し、5月に海洋研究開発機構の横浜研究所に設置された。計算速度は1秒間に約1京9000兆回(京は兆の1万倍)を記録。冷却効果の高い液体を循環させて消費電力を抑えている。
 1、2位は中国の「神威太湖之光」と「天河2号」、3位はスイスのスパコンだった。
 スーパーコンピューターの省エネ性能の世界ランキング「グリーン500」も13日、発表され、日本のベンチャー企業が開発したスパコンが1~3位を独占した。

→続きはこちら
  • 広島・長崎両市長に招待状 ノーベル平和賞の授賞式
  • 11月14日は「世界糖尿病デー」
  • 「こどもの森フェス」開催 愛知県
  • ユズの香りに季節を思う 石川県
  • 近づく東京大地震 地震と津波の基礎知識
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 買い物ができる喜び

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
ベングリオン空港にて

 イスラエルもやっと寒くなってきました。エルサレムでは朝や夜になると、だいぶ冷え込み、7、8度ぐらいになりますが、私が住んでいる町はエルサレムからは北東に位置する場所で、気候も5、6度の差があり、それほど寒さを感じません。
 ですので、私の住む町からエルサレムまでは約1時間なのですが、気候的には東京から青森へ行く感覚で、毎週末は防寒をしっかりとしてエルサレムへ出掛けます。
 ところで、イスラエルチームも祝福され、通常の生活に戻り、日々忙しい毎日を過ごしていますが、今回のチームで久しぶりにベングリオン空港へ行き、だいぶセキュリティーも簡単になってきたと感心しました。

→続きはこちら
  • あなたは大丈夫? スマホ老眼
  • 旬の一品 ピーナツと小松菜の炒め物
  • ヘブライ語

エンジョイ!DTM~なるほど音づくり講座
Chapter 9「イコライザ操作 1」

 イコライザは周波数を操作するものです。ミキサーに丸いつまみが二つか三つ付いていて、ぐるぐる回すと音が変わった経験ありませんか。
 適当にいじってみたら何となくいい音になったことはあっても、それぞれ楽器の特性を把握してイコライザを調整するのとは大きな違いがあります。本講座では、各楽器の特性を踏まえつつ、イコライザ操作を説明していきます。
 各周波数の帯域を5つのゾーンに分けて考えると理解しやすいです。ゾーン1「超低域」、ゾーン2「低域・中低域」、ゾーン3「中域」、 ゾーン4「中高域・高域」、ゾーン5「超高域」と分けます。

→続きはこちら

注目This Week

<ゴスペル>池袋J.GOSPEL LIVE

池袋西口公園野外ステージで開催
17グループが出演
 

→2面 信仰面

<証し>死の恐怖から希望へ

カトリック、エホバの証人
そして導かれた教会へ
 

→5面 体験記・証し面

<文化>なるほど音づくり講座

音楽制作入門 9
イコライザ操作 1
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード