み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

G20首脳会合
薄れる米国の存在感

 G20サミットが開催された。浮かび上がったのは、戦後世界の政治、経済、軍事をけん引してきた、米国の存在感の後退だ。何かと物議を醸すトランプ米大統領のキャラクターを超え、グローバル化(地球規模化)する新自由主義経済へと突き進む国際社会の中で、自国第一主義、ナショナリズムを選んだ米政権の路線転換に由来している。相対的に欧州連合(EU)諸国やロシアが大きな地位を占め始めている。聖書の予告通り、終末の巨大な世界規模の大国台頭へとなだれ込む今の世界情勢を見ていく。
 20カ国・地域(G20)首脳会合が7月8日、ドイツ北部ハンブルクで開かれ、首脳宣言を採択して閉幕した。
 G20(ジー・トゥエンティー)とは「Group of Twenty」の略で、主要国首脳会議(G7)7カ国、および、欧州連合(EU)、ロシア連邦、新興経済国11カ国の、計20カ国・地域からなるグループだ。
 宣言では「保護貿易主義との闘いを続ける」と明記、「開かれた市場を維持する」とし、「反保護主義」の大原則を打ち出した。英国の欧州連合(EU)離脱決定、トランプ米大統領誕生などにより、保護主義的な動きが拡大する中、G20の結束を示した形だ。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

ホライズンコミュニオンチャペル埼玉教会
カリスマ聖会開催

 7月8日、埼玉県深谷市で、ホライズンコミュニオンチャペル埼玉教会のカリスマ聖会が行われた。4月8日に開所式が行われ、今回初めてのカリスマ聖会となる。
 第1セッションは、Jゴスペルコンサートとして、Gifts(ギフツ)、Gospel Seed(ゴスペル・シード)、JOY(ジョイ)、Immanuel(インマヌエル)、キブツが賛美したほか、ホライズンコミュニオンチャペルからは、ホサナ、ホライズンコミュニオンチャペルの東京教会、埼玉教会のグループや子どもたちのグループの、計9グループが賛美した。
 第2セッションでは、松沢勇志牧師がショートメッセージし、弱さの中に働かれる神さまのみわざについて語った。また、東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師がカリスマセミナーとメッセージを取り次ぎ、神さまが私たちを愛し、最善を与えられること、私たちが神さまに従う時に最善のものを受け取ることができること、などが語られた。

→続きはこちら
  • 沖縄 アメリカンビレッジ大観覧車下広場 ゴスペルライブ
  • エルサレム ホテルグリーンプラザ箱根でコンサート
  • 風のひびきフィルハーモニー交響楽団 道の駅しもつけでコンサート
  • 論説 目を覚ましていなさい
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 島崎栄子牧師
教会情報 トップへ戻る

フランシスコ法王
G20サミットを批判

 ドイツのハンブルクで開催されたG20サミットを巡り、フランシスコ法王が批判的な見解を示した。
 フランシスコ法王は、「大勢力同士の危険な同盟が、世界の在り方を破壊している」などと述べ、G20サミットが危険な同盟関係を築き、貧困者や難民に被害を加えているとの見方を示した。
 法王は、「アメリカとロシア、中国と北朝鮮、ロシアとアサド政権などのように、形で築かれた危険な同盟に懸念を抱いている」などと述べた。また法王は、世界が直面している最大の問題は移民問題だとの見解も示した。

→続きはこちら
  • 聖体拝領のパンの原料 遺伝子組み換え作物を認可 バチカン
  • 進め賛美隊 FRH教会賛美隊
  • 【彼の打ち傷によって】 
体験記・証し トップへ戻る

義父と口論 神さまに従い謝ったら
礼拝出席へ 最後に「ありがとう」

 今回は「失敗を通して主に語られたこと」というテーマで、私の体験談をお分かちさせていただきたいと思います。聖書には、具体的に神さまが登場人物に語られる様子が書かれています。今回は私にも神さまが語り、教えてくださった出来事のお話です。
 私たち夫婦は、結婚して子どもが生まれた後、病気の義母を引き取りました。その後、義父が糖尿病の合併症で脳梗塞、心筋梗塞になり、体が不自由になり、わが家に引き取ることになりました。
 慣れない介護生活が始まりました。その生活は甘いものではなく、子育てをしながら、地方の教会で奉仕しながらだったので、かなり過酷に感じるものでした。 毎月かかる医療費は高額で支払いも大変でした。

→続きはこちら
  • Bible 圧倒的な勝利者

G20閉幕 温暖化対策で米孤立
再交渉には米以外全て反対

 ドイツ北部ハンブルクで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20)は7月8日、2日間の日程を終えて閉幕した。
 米国を除く19カ国は、気候変動の枠組みを決めた「パリ協定」の履行をあらためて約束したが、協定を離脱した米国と意見対立が鮮明となり、溝は埋まらなかった。
 トランプ米大統領は、選挙中から米石炭産業の復活を約束し、パリ協定は米国の労働者の不利益になると批判していた。
 議長国のメルケル独首相は8日、パリ協定に対するトランプ氏の立場を今でも残念に思うと述べ、トランプ氏が求める協定再交渉について、他の19カ国が反対したことを明らかにした。

→続きはこちら
  • 北朝鮮ICBM 2年で米西海岸射程可能か
  • イラク首相 モスル奪還「勝利宣言」
  • フランス 非常事態宣言、6回目の延長
  • ヘブロン旧市街 「パレスチナの」世界遺産
  • 英国テロ対策警察 テロ遭遇対処ビデオ公開
  • イラン サウジ船舶拿捕
  • 中国、シルクロード沿い全線開通
  • 終わりの時代に向かって ヘブロンの世界遺産登録

回収リサイクル金属で五輪メダル制作
2020組織委が国民参加型プロジェクト

 3年後の2020年に、東京オリンピック・パラリンピックが開催される。競技大会でメダリストに授与される金・銀・銅メダル約5000個を、全国各地から集めたリサイクル金属でつくる、国民参加型プロジェクト「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」が、4月から東京2020組織委員会主催で始まった。
 兵庫県姫路市も6月30日からプロジェクトに参加している。同市役所や美化センターなど市内32カ所に専用の回収ボックスが設置され、家庭で不要になった携帯電話、パソコン、デジタルカメラ、電子辞書、ゲーム機など、主に小型家電法に基づく約28品目を入れてもらう。50センチメートル×15センチメートルの投入口に入らない物は回収不可で、個人情報も消去しておく必要がある。

→続きはこちら
  • 九州豪雨発生1週間 捜索阻む土砂・流木
  • 日米韓が対北朝鮮で首脳会談
  • 鉄道沿線で「夏休み親子教室」
  • 夏に向かう日本海 白砂青松百選の安宅海岸
  • 近づく東京大地震 火山灰から身を守る
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り スパゲティーに挑戦

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
光のフェスティバル エルサレム

 現在、イスラエルは夏真っ盛りですが、夏になると、イスラエルのお祭りとはまた違った面白いイベントがいろいろと催されます。
 食べ物の祭典、アート&クラフト、ブックフェアなど、子どもたちから大人たちまで楽しめるイベントが盛りだくさんあります。そして、今回、私が出掛けて行った所は、エルサレムの旧市街を中心に行われている光のフェスティバルです。
 6月28日から約1週間、午後8時から11時までと短い時間ですが、とても見応えのあるイベントです。
 旧市街はヤッフォ門、ダマスカス門をはじめ、色とりどりの光でライトアップされていて、旧市街の中を散策するだけでも楽しめます。

→続きはこちら
  • 被災してしまった時、気を付けたい事とは
  • 旬の一品 キュウリとレンコンのドレッシング炒め
  • ヘブライ語会話

神さまに触れられた時
「何のために生きているのか」探す旅の果て 後編

 「神さまに触れられた時」の体験談を紹介するシリーズの第2弾として、ゴスペルプロダクションThe Vision(ザ・ビジョン)のスタッフ、佐藤正浩さんの話を聞いた。芸能関係の仕事をしていた佐藤さんは、大きな交通事故をきっかけに人生を模索するようになる。そして、青森県弘前市でゴスペルに触れた際、涙があふれ、クリスチャンになった。
 私はその教会で3枚のCDをもらいました。それからもタレントとのケンカはまだ続きました。無言の車での移動中、もらったCDを聴いているといつの間にか会話が始まり、一緒に歌って心が平安になっていきました。
 旅の途中で幾つもの教会に行き、皆さんにお世話になりました。牧師の家に泊めていただき、食事をごちそうになったり、キャンペーンのお手伝いもしていただいたりしました。

→続きはこちら

注目This Week

<聖会>ホライズンコミュニオンチャペル

埼玉教会で
Jゴスペルコンサートも
 

→2面 信仰面

<証し>義父と口論 導きで謝罪

礼拝出席へ 最後に「ありがとう」
介護生活の中で
 

→5面 体験記・証し面

<文化>神さまの愛に触れた時

生きる意味を探す旅の果て
ゴスペルとの出会い 後編
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード