み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

イタリア 国民投票でレンツィ首相敗れる
オーストリアは極右が敗北

 イタリアで12月4日、上院の権限縮小を柱とする憲法改正の是非を問う国民投票が実施され、即日開票された。反対派が賛成を大きく上回り、憲法改正を進めようとするレンツィ首相が敗れる形となった。ポピュリズム(大衆迎合主義)が世界に拡大する中、各国、そして世界のバランスは、終末の舞台を眼前に、どこに向かうのか。
 イタリアでの国民投票は、憲法改正を提案したレンツィ首相と既存政治を批判する新興のポピュリズム政治組織「五つ星運動」などが対立軸となった。五つ星運動は今回の憲法改正について、「首相の権限強化につながる」などとして反対を表明していた。
 事実上、レンツィ首相の信任を問う形になった国民投票だったが、結果は反対が賛成を大きく上回る形で勝利し、レンツィ首相は敗北を認め、辞任の意向を示した。
 五つ星運動の指導者たちは、「小さなダビデが巨人ゴリアテを倒した」などと声を上げて勝利を喜んだ。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京アンテオケ教会 教会感謝会開催
さらに大いなる主のみわざに期待

 12月3日、主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会会堂で、教会感謝会が行われた。
 会に先立ち、角笛が吹き鳴らされ、司会の東京アンテオケ教会天谷一彦牧師から、出席者数に委任状数を加え会規定の定足数を満たしているとの発表がなされた。
 午前11時から、教会感謝会が賛美とともにスタートした。神さまのご臨在が現され、続けて、主の十字架クリスチャンセンター責任長老であり、東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師から、前年度に神さまが現された祝福を感謝する、感謝の祈りの時が持たれた。
 続いて、主の十字架クリスチャンセンターの各部門の働き(プログラム順に、雲の間にある虹出版、み声新聞社、アストン株式会社、荒地に川ミュージック、NPO法人礎の石孤児院、祈りのミッション、TLCCC映画ミッション、主の十字架神学校、聖所から流れ出る水ミッション、The Vision)についての活動報告および会計報告、本年度の予算計画が各部門担当者によってなされ、それぞれ承認された。

→続きはこちら
  • Splendor ドイツクリスマスマーケットでゴスペル
  • Gifts 柏でゴスペルコンサート
  • CHRISTMAS MARKET福岡2016 福岡Jゴスペルクラブが出演
  • 名古屋教会主催 「Jゴスペル・フェス in 鶴舞」開催
  • 論説 人の計画とは異なる素晴らしい神の計画
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 ヨセフ三本松牧師
教会情報 トップへ戻る

再婚者の「聖体拝領」是非論争
枢機卿から法王へ質問も

 バチカン(ローマ法王庁)教理省長官のゲルハルト・ルードビッヒ・ミュラー枢機卿は、使徒的勧告「アモリス・レティティア(愛のよろこび)」の解釈に関し枢機卿4人から出された疑問について、法王フランシスコの指示がなければ応答しないと述べた。カトリック・ワールド・ニュース(CWN)が12月1日報じ、世界キリスト教情報(CJC)が伝えた。
 オーストリアの通信『カトプレス』とのインタビューで、教理省は法王のために発言し、「法王の権威をもって」判断を発表するとミュラー枢機卿は語った。
 4人の枢機卿は、疑問点を教理省に提出したが、法王に宛てたものだった。ミュラー枢機卿は使徒的勧告の解釈についての論争は誇大に報じられており、教会の問題を政治的に捉えようとする記者たちの傾向が反映されている、と指摘した。

→続きはこちら
  • 法王とベトナム国家主席 対話促進へ会談
  • 「脱北者の半数以上がクリスチャン」 韓国の人権団体
  • 【クリスチャンのキーポイント】 にせキリスト
  • 【彼の打ち傷によって】 頭痛と吐き気、脇腹の痛みのいやし
体験記・証し トップへ戻る

売り上げ最悪店舗から チェーン店最優秀店舗ノミネートへ 全国3位! 「ブロンズ賞」を頂いた!

 以前にも、お証しさせていただいた、神さまが与えてくださった職場に、さらに祝福が与えられました。
 私は、以前、アルバイトとして働いてる店舗から別の店舗にヘルプで行くことになり、その店舗を改善するために、アルバイトの私が選ばれました。
 そのお店は、会社の中で売り上げが一番低い店で、しかも、アルバイト同士の人間関係がぎくしゃくしていて、最悪でした。
 私が行った当初は、アルバイトが何をしに来たんだと言わんばかりに、あいさつしても無視されたり、商品オーダーを通しても無視されたり、業務の指示を出しても通らなかったりと散々でした。それでも神さまに感謝する中で、人間関係は徐々に良くなっていました。

→続きはこちら
  • Bible 恵みと律法

イスラエル 大規模山火事
新たなテロ対策必要か

 イスラエル北部ハイファなどで11月18日ごろに発生した山火事で24日までに約6万人が避難した。住宅数百戸に焼失、損壊などの被害が出た。死者は出ていない。
 ヨナ・ヤハブ市長は記者団に、市の全人口およそ25万人のうち6万人が避難したと説明し、火事の規模は「前代未聞だ」と語った。ネタニヤフ首相は「放火による火災はテロだ」などと述べ、放火が原因との見方を示した。イスラエル防衛軍(IDF)は予備役を招集して消火活動を支援したものの、乾燥と強風が消火を難航させていた。
 首相は国際支援を呼び掛け、ギリシャ、トルコ、ロシアなどが、飛行機で消火剤を空からまくなどの消火活動を支援したという。
 警察の広報官によると、別々の火事6件の発生を受けて市内8地区の住民に避難指示が出された。医療関係者によれば、これまでに65人前後が軽傷で病院に搬送された。当局はガリラヤ、ウム・エル・ファームからベラル・イリット、西岸、中央部の四つの広い地域での放火の証拠を発見したという。

→続きはこちら
  • リビア統一政府 IS拠点シルト制圧
  • IS トルコを名指し 攻撃呼び掛ける
  • IAEA会合開幕 「核テロはどこでも起こり得る」と警鐘
  • トランプ次期大統領 閣僚人事進む
  • オーストリア大統領選 「極右政権」誕生せず
  • 伊国民投票 憲法改正案、大差で否決 首相辞意表明
  • 法王 スコセッシ監督と会談
  • アフリカ ケニアの学校に助けの手を
  • 終わりの時代に向かって EU軍

イルミネーションフェスタ
愛知県あま市

 あま市美和文化会館(愛知県あま市)の文化の杜(もり)では、一帯を30万個の電球で飾り付けた「イルミネーションフェスタあま」が始まった。
 今年のテーマは「JAPAN~古きよき日本」。日本独自の歴史を持つ、高さ約20メートルの城に忍者の影を忍ばせたり、日本固有の美の象徴である富士山を電飾で表現したりしており、来場者を楽しませている。12月3日に点灯式があり、忍者隊のステージイベントや屋台が出て、多くの見物客でにぎわった。1月3日まで毎日、午後5時から10時まで点灯する。入場無料。無料駐車場有り。
 イルミネーションフェスタは、2004年冬、旧美和町商工会青年部のイルミネーション事業としてスタートし、今年で13回目となる。初年度は、3万個の電球、2週間の開催期間で、来場者3000人程の規模だったが、年々盛大となり、15年には、30万個の電球で、開催期間1カ月間となった。来場者も3万人を超える規模となり、この地域の冬の風物詩として定着してきた。

→続きはこちら
  • AI活用で最適な治療 5年後の実用化を目標 国立がん研究センター
  • 渋谷区がLGBT課長に同性愛活動家を起用
  • 世界中のIoT機器130万台がウイルス感染
  • 高山右近 列福式に合わせ感謝のミサ 石川県金沢市
  • ドローンによる災害警備訓練 宮城県
  • Amazon ワンプッシュで日用品を注文できる「Dash Button」
  • 近づく東京大地震 首都直下地震
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 良くなってきた水道や電気

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
ヤム・ハ・メレフ(死海)

 先日、用事があって死海方面へ出掛けることになりました。住んでいる町から死海まで約2時間かかりますが、死海に近くなるほど気温が上がり、死海に到着するころにはジャケットを脱いで、半袖になってもよいぐらいの良い天気でした。
 死海は、旧約聖書のヨシュア記3章16節で、「アラバの海」、「塩の海」とも呼ばれていますが、塩分の多い湖で、魚が住めない湖ということから、死の海と名付けられたそうです。
 この死海は、海面下400メートル。世界で最も低地にある塩水湖で、塩分含有量が通常の10倍もあるため、泳ぐ湖というよりも浮く湖といってもよい場所です。
 塩分が多いので、体にキズがある人は、とても痛くて入ることができませんし、目に入るとものすごく痛いので泳いではいけない湖なのです。

→続きはこちら
  • 足首ポカポカ、優しい睡眠タイム
  • 旬の一品 レンコンと豆苗の炒め物
  • ヘブライ語を覚えよう

クリスチャン映画3本 佐野哲章氏インタビュー【前編】
日本での一般映画館上映を決断!

 2016年4月の試写会で、クリスチャンである日本のソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント(SPE)のトップの佐野代表が、「100円でも利益が出れば、日本の映画館で、こうした上映を継続できます。皆さま、伝道のために用いてください」とあいさつをされました。今回はその結果を伺った前編です。(11月28日、聞き手=ペテロ窪田TLCCC映画ミッション総主事 ペテロ窪田)

→続きはこちら

注目This Week

<2016年度教会感謝会>

東京アンテオケ教会
次なる主のみわざへ
 

→2面 信仰面

<生ける神さまの体験>

全国3位
売上最悪店から最優秀店ノミネートへ
 

→5面 体験記・証し面

<クリスチャン映画>インタビュー【前編】

日本一般映画館上映
1500万円の利益だけでなく!
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード