み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

トランプ米大統領 イランに経済制裁発動
核問題離脱で 11月には第2弾制裁も示唆

 米国のトランプ大統領は8月7日、イランとの核合意離脱に伴い、対イラン制裁の第1弾を再発動した。イランも対決姿勢を明確にしており、中東情勢は混迷を深める形となっている。終末の舞台へのつながりを含め、動きを追う。
 トランプ大統領は8月7日午前0時(日本時間同日午後1時)、イランへの経済制裁第1弾を再発動した。内容は、イランの自動車部門の取引禁止とイラン政府の米ドル現金取引を禁止したもので、日本などの企業も違反すれば対象となり、多大な罰金が科せられる。
 トランプ氏は、ツイッターで「これまで科した制裁の中で最強だ」と発言し、「イランと取引している個人は、米国と取引できなくなる」と強調した。ただ、「私が求めているのは世界平和だ」とも付け加えた。
 トランプ政権は、11月にはさらに、イランの石油部門や金融を標的にした第2弾の経済制裁を予定している。イラン経済の中枢部分への制裁となるため、さらに対立が深まることや、軍事的緊張が高まることも懸念されている。また、世界でのガソリン価格高騰を招く恐れも指摘される。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京カリスマ聖会開催
「感謝は神のポイントを開く鍵」

 東京カリスマ聖会が8月5日、新宿のハイアットリージェンシー東京で行われた。主講師のパウロ秋元牧師(東京アンテオケ教会)が、テサロニケ人への手紙第一5章16~18節から、「神のことばの確かさ」というテーマでメッセージを語った。
 第1セッション(第1部)ではゴスペルライブTVプラスが行われ、全国J.GOSPELコンテスト in 白馬に出場した7グループがゴスペルを歌った。
 第2セッション(第2部)では、前半にパウロ弓野牧師(町田教会)が御霊(みたま)の賜物(たまもの)のセミナーを行った。後半では主講師のパウロ秋元牧師が賛美の後、メッセージを取り次いだ。
 最初に8月15日に開催される「こころごすぺる」コンサートのPR映像、続いて9月に遣わされるカンボジアチームのための紹介映像を視聴。これらを受け、秋元牧師は、賛美の働きに主の手があり、リバイバルの広がりに向け、クリスチャンでない人々に主が深く触れる歌と、私たちが主をあがめる歌の両方が重要だと語った。孤児院の働きもすでに動きが出ており、主は働いておられ、主が示されたことは実際上起こってくると述べた。

→続きはこちら
  • J.GOSPEL LIVE 池袋西口公園で開催
  • NAOMIと名古屋教会賛美隊 長野県でゴスペルライブ
  • 論説 神のことばの真実
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 エルサレム
教会情報 トップへ戻る

法王演説を5言語に同時通訳する
アプリをリリース

 7月27日、バチカン(ローマ法王庁)はフランシスコ法王の演説を5言語で聞くことができる、スマートフォン用の同時通訳アプリ「バチカン・オーディオ」をリリースしたと発表した。
 法王の演説は通常イタリア語で行われるが、アプリ「バチカン・オーディオ」を使用すれば、スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の5言語に翻訳し、法王が母語のスペイン語で話す時はイタリア語への翻訳にも対応するという。
 AFP通信によると、バチカンの報道官は、このアプリはサンピエトロ広場に集まった信者に向けて行われる日曜の「お告げの祈り」で利用できると述べ、法王の演説を世界中から集まる大勢の人々に理解してもらえるようになる、と強調した。キリスト教界のIT(情報技術)への対応は、多くの人がこれからさらに救われていく日本でも必須であり重要だ。

→続きはこちら
  • 感謝の人になろう 離婚、シングルマザー、再婚。感謝を通して奇跡が
  • 進め賛美隊 大阪Jゴスペルクラブ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

私たちらしい夫婦のあり方を求めよう
祈り吟味して 主のみこころの選択を(後編)

 ただ、会社から指示されているからとか、時間もなくてすぐに答えを出さなければならないこと、ここを断ればすぐに働けないといった状況やその現場を見学した時に少しでも行ってみたいと思った私の思いで判断して、しっかりと神さまのみこころを正しく理解できなかったんだ、と。
 「すべてのことを見分けて」とは「吟味するように」ということだったのです。私はきちんと「吟味」ができていなかったことに気づかされました。この現場はみこころだからこの現場に行く!と言った時、周りの人から反対されたのに私はそれを押し切りました。
 けど、なぜか夫の家族にはこの現場に行くことを伝えることができませんでした。そういった機会がなかったというのもあるのですが、言う機会があったとしても、言えなかったと思います。それはもしかしたら、反対されるかもしれない。これ以上誰かに反対されたくないという気持ちがあったからだと思います。

→続きはこちら
  • Bible 福音

地球温暖化のリスク
温室効果ガス規制だけでは不十分

 ロイター通信によると、ノルウェーやデンマークなどの科学者グループは8月6日、報告書を公表し、世界が「ホットハウス(温室)」状態に突入するリスクがあるとの見解を示した。
 報告書はストックホルム・レジリエンス・センター、コペンハーゲン大学、オーストリア国立大学、独ポツダム気候影響研究所の科学者たちがまとめた。それによると、国際条約により気候変動を食い止めようとしているが、たとえ温室効果ガスの削減目標を達成したとしても、気温はセ氏4~5度上昇する見通しだという。
 現在、世界の平均気温は産業革命前の気温から1度上昇しており、10年ごとに0.17度上がっている。報告書は、重要な基準となる気温を突破した場合、突然変化するような転換点がいくつか見られる可能性が高いとしている。例えば、海底からのメタン水和物の減少、陸上と海中の二酸化炭素吸収量の減少、北極圏と南極圏の海水や極域氷床減少などだ。

→続きはこちら
  • 米中貿易摩擦 中国に手詰まり感
  • 中国 南北朝鮮 平和協定の主導狙う
  • トランプ政権 23日に対中関税第2弾発動
  • 欧州も猛暑続く 仏で原子炉4基停止
  • イラク 干ばつ被害拡大 耕地面積が半減
  • 米国 対イラン制裁 一部再発動
  • インドネシア ロンボク島でM6.9の地震 死者105人
  • 独最高裁 ホロコースト否定は「言論の自由に該当せず」
  • 終わりの時代に向かって イランのシリアへの軍事支援

政策の柱「JFOODO=ジェイフードー」
農水省と経産省が連携

 2018年上半期(1~6月)の農林水産物・食品の輸出が前年同期より10%以上増えて4000億円超となり、6年連続で過去最高を更新する見通しが8月4日、分かった。18年通年でもこれまでの記録を塗り替える公算が大きく、政府が目標として掲げる19年の輸出額1兆円達成が現実味を帯びてきた。
 欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)や環太平洋連携協定(TPP)により、今後も輸出拡大が期待される。18年上半期は、世界的な「日本食ブーム」が続いていることから全体的に好調だった。中でも牛肉やイチゴの輸出増が目立った。
 農林水産省と経済産業省は7月27日、農林水産物と食品の輸出を促すため、両省の連携を密にする幹部の合同チームを創設した。日本の食が世界に広がっていて、海外の日本食レストランは、この10年ほどの間に5倍に増加している。

→続きはこちら
  • 「みなし仮設住宅」受付に連日200件 西日本豪雨後の被災地 岡山県倉敷市
  • 名古屋で観測史上初 40.3度
  • 食育推進カー「ごはんだ号」が走る 石川県金沢市
  • 災害時に必要な防災知識と体験プログラム
  • 近づく東京大地震 在宅避難での片付け
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 新しい年に備えて スペシャルプログラム開始

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

ギンドロ

 今日は「ギンドロ」の紹介です。別名は「ウラジロハコヤナギ」、聖書では「ポプラ」と表記されています。ヘブライ語ではリブネーといいます。
 聖書では2度出てきており、一つは創世記30章37節「ヤコブは、ポプラや、アーモンドや、すずかけの木の若枝を取り…」とあり、ヤコブは自分の家畜を殖やすため、ポプラ、アーモンド、そしてプラタナスの若枝の皮をはぎ、水槽の中に入れ、その水を家畜に飲ませたとあります。
 二つめは、ホセア書4章13節にあります。

→続きはこちら
  • 聖書クイズ
  • 旬の一品 カツと野菜の卵とじ
  • ヘブライ語

こころごすぺる

HEAVEN'S GATE
座・高円寺2 2018.8.15

→続きはこちら

注目This Week

<リバイバル>東京カリスマ聖会開催

「感謝は神のポイントを開く鍵」
信じ従う中で 祝福の実現を見る
 

→2面 信仰面

<証し>私たちらしい夫婦のあり方を 後編

配属された現場での訓練
神さまのみこころの選択
 

→5面 体験記・証し面

<コンサート>こころごすぺる

HEAVEN'S GATE
座・高円寺2 2018.8.15
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード