み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

ハリウッドチーム2018
ムービーガイド賞授賞式取材

 「ハリウッドは終わりの時の計画のために残される。ハリウッドを用いての伝道のために重荷を持った監督、プロデューサー、俳優、脚本家などがいる」と神さまからの語りかけが与えられているが、実際に「ムービーガイド」のテッド・ベアー博士と深い関わりができ、その働きに共鳴して集まる人々を見てきた。今年もムービーガイド賞授賞式を取材する中、重要な関わりができた。=取材:TLCCC映画ミッション・ペテロ窪田総主事
 ハリウッドで、映画を通して宣教を進める二つの映画会社(スタジオ)があることが分かり、関わりが進展した。
 一つは、今回特別賞を取った「AFFIM Films」。その会社を導く中心人物RICH PELUSOさんとの関わりだ。
 2016年、全米ナンバーワンとなった「WAR ROOM(祈りのちから)」のほか、「HEAVEN IS FOR REAL(天国はほんとうにある)」「RISEN(復活)」はこの会社が配給した。
 2017年には「ALL SAINTS(オール・セインツ)」「THE STAR(ザ・スター)」を公開し、2018年には「PAUL,APOSTLE OF CHRIST(パウロ、キリストの使徒)」を公開する。アメリカの教会が映画を作ってヒットしたものだが、全てこの会社を通して製作・配給されたものだ。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

2018年ハリウッドチーム報告
「ハリウッドから26聖人、アニメ映画化」信仰の踏み込み

 1月31日~2月7日までハリウッドチームが派遣され、2月2日午後6時(現地時間)から、ハリウッドにあるユニバーサル・ヒルトンホテルで、第26回ムービーガイド授賞式が持たれ、東京アンテオケ教会牧師で、TLCCC映画ミッション総主事のペテロ窪田が参加された。それらの報告を紹介する。
 前夜の準備祈祷会には、部屋から人があふれるほど集まっていました。2月2日の授賞式のレッドカーペットでは、ゴスペルシンガーでグラミー賞12個のCeCeWinansさん、俳優、『神は死んだのか』シリーズを製作しているピュアー・フリックス(スタジオ)のCEOマイケル・スコットさん、創設者のデヴィッドさんなどと話し、今後協力していく可能性も感じました。
 授賞式では、映画の大賞には、『THE STAR』(キリストの降誕を描いた、ソニーのアッファーマ・フィルムスのアニメ映画)が輝きました。家族向けベスト10のうち8本がアニメ映画で、アニメ映画の優れた映画が増えてきているように感じました。

→続きはこちら
  • Gifts 九州各地でツアー
  • 殉教祈りのツアー 山本村・彼杵・時津などめぐる
  • 論説 ハリウッドでの26聖人の映画化、イエスさまのことばを信じて奇跡の中を歩く
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 山川佐登子さん
教会情報 トップへ戻る

スイスで無宗教者が全体の4分の1に
イスラム教は微増

 スイス連邦統計局は1月31日、同国に永住する人で、特定の宗教を「信仰していない人口」が2000年の統計に比べ、16年には2倍以上に増えていると発表した。さらに「SWI」(スイス公共放送協会国際部情報=日本語電子版)ではキリスト教信者が減少した一方で、イスラム教徒の数が微増したと伝えている。
 16年、スイス国内の永住者で無宗教の割合は全体の24.9%となった。無宗教のうち、3人に1人がこの世に神はいないと考える無神論者で、神が存在するかは分からないとした人は4人に1人だった。
 宗教施設の礼拝行事に最も参加していたのがカトリック教徒で、全体の26%が年間6~12回、礼拝行事に参加している。イスラム教徒は、過去1年間で礼拝行事に一度も参加しなかった人は46%に上り、4割の人が同時期で一度もお祈りしたことがないと答えた。週に1回、集団礼拝に足を運ぶ人はわずか12%に留まり、ほぼ毎日お祈りしていると答えた人は17%だった。

→続きはこちら
  • 連載企画 「感謝の人になろう」 第4弾
  • 進め賛美隊 聖なる都エルサレム教会
  • 【彼の打ち傷によって】 
体験記・証し トップへ戻る

みこころの海外派遣チーム
参加する中で祝福が

 少し前のことになりますが、2009年、いろいろお金の入り用ができ、計算すると支払いまであと40万円足りないな-という感じでした。足りないな-、という状況によくなるなー、と自分でも思っていました。
 感謝し思い切って十分の一の、なけなしの4万円を献金し、マラキ書3章10節「十分の一をことごとく宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしをためしてみよ。わたしがあなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐかどうかをためしてみよ」を胸に神さまにお祈りしました。
 神さまはどういう形で40万円ものお金を満たしてくださるのだろうと想像を膨らませていました。

→続きはこちら
  • Bible 契約

シリア内戦7年
戦闘・混乱さらに拡大

 シリア北東部デリゾーゾールで2月7日、米軍主導の有志連合軍はアサド政権に協力する部隊を空爆し、戦闘員100人を殺害した。米軍は、民兵組織「シリア民主軍(SDF)」がアサド政権派から攻撃されたことへの反撃だと発表した。
 また、中東のメディアによると、6日、シリアの首都ダマスカス近郊グータ地区で、アサド政権軍による空爆で、子ども19人を含む80人が死亡した。空爆は8日にも続き、4日間で計229人が死亡した。
 また、グータと北西部イドリブでは、化学兵器の塩素ガス弾が使用された疑いが出ている。フランスのルドリアン外相は7日、ガス弾は「シリアの現政権により使われた」との見方を示した。国連人権理事会が任命した国際調査委員会も調査を始めた。

→続きはこちら
  • トランプ米政権 「力による和平」目指す
  • 台湾地震 ビル倒壊 死者17人に
  • フランス 核兵器刷新し軍備強化
  • ポーランド ホロコースト「加担」表現禁止
  • 「米存亡に関わる脅威」米情報長官が北朝鮮けん制
  • 中国 最新鋭ステルス戦闘機「J20」実戦配備
  • コンゴ民主共和国の民族対立 20万人が避難
  • 終わりの時代に向かって イランのドローンのイスラエル侵入

日韓首脳会談 平昌五輪に先立ち開催
慰安婦・北朝鮮問題などで協議

 安倍晋三首相は2月9日午後、平昌冬季五輪の開会式出席に先立ち、韓国の文在寅大統領と約1時間会談した。慰安婦問題のほか、北朝鮮問題などで協議した。
 慰安婦問題では、安倍首相は2015年の合意履行をあらためて求め、「国と国との約束で、政権が代わっても守ることが普遍的原則だ。韓国も約束を実行してほしい」と求めたのに対し、文大統領は「被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷が癒える時に解決する。両政府はその努力をしなければならない」と述べた。
 北朝鮮問題では、北朝鮮の非核化を目指す立場では一致を見せたが、圧力を求める日本に対し、対話姿勢を示す韓国側との間で立場の相違が目立った。安倍氏は、北朝鮮の五輪参加に伴い、南北対話が進んだことに一定の評価を示した上で、「ほほえみ外交に目を奪われず、日米韓が連携して最大限の圧力をかける方針がぶれないようにしなければならない」と強調した。

→続きはこちら
  • 河野外相 ブルネイを訪問
  • 内閣府 GDP速報値発表
  • 自衛隊ヘリコプター 墜落で民家が炎上
  • 東京五輪にむけて事前合宿地誘致へ 石川県小松市
  • 手話対応型電話ボックス「手話フォン」設置 兵庫県明石市
  • 国内最大の木製ジェットコースター ナガシマスパーランド
  • 近づく東京大地震 火山灰から身を守る
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り かわいい花が増えますように

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
インターナショナルツアリズム博覧会

 先日テルアビブで行われたインターナショナルツアリズム博覧会で、日本ブースのお手伝いをしてきました。イスラエルをはじめとする観光関連業者が世界から集まり、自国の良さなど観光アピールをしました。私は当初、日本から来るはずだった旅行会社の方々が急きょ来られなくなったため、代行で日本のツアーのアピール、ツアー会社のアピールなどをしました。
 2日間の博覧会でしたが、日本のブースはとても好評で人だかりがやまず、手配していたパンフレットも次から次へとなくなっていき、一日が終わる時にはもう声がかれてしまうぐらいに日本を紹介し続けました。
 今回多くのイスラエル人の方々と話をしていると、最近日本に旅行に行かれた方々や今年旅行へ行く予定のある人たちがとてもたくさんいることを知りました。どうやら日本は物価がものすごく高い国という考え方が最近のインターネットやメディアなどを通して変わってきたようで、やっとで観光しやすい国であるということが分かってくれたようです。

→続きはこちら
  • 日本列島で寒気 北陸などで大雪
  • 旬の一品 カキと長ネギの塩炒め
  • ヘブライ語

エンジョイ!DTM~なるほど音づくり講座
Chapter 11「イコライザ操作(3)」

 前回はドラムのイコライザ操作を学びました。今回は、ベース、ピアノ、ギターなどの楽器のイコライザ操作に触れます。
 ベースはドラムのキックとともに低音域をカバーする重要な役割を担っています。図をご覧ください。左の部分はキックとベースの音域の分布図です。
 キック高音域成分とペースの低登域成分が重なっている部分があります。この部分はキックに担当をゆずってペースの100Hz以下をカットします。ただし、タムの時にも説明しましたが、機械的にやってしまうとベースの音が痩せてキックと分離してしまうので、接着感が失われないよう、丁寧にカットしてください。

→続きはこちら

注目This Week

<海外宣教>ハリウッドチーム報告

ハリウッドから26聖人
アニメ映画化へ 踏み出し
 

→2面 信仰面

<証し>みこころの海外宣教チーム 前編

参加する中で祝福が
経済の満たし アルバイトも
 

→5面 体験記・証し面

<ゴスペル>なるほど音づくり講座

音楽制作入門
イコライザ操作3
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード