み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

「米国」対「中国・ロシア」
新たな対立構図 日本の外交戦略は

 それぞれ長期安定基盤を確保した、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領と、中間選挙を迎える米国トランプ大統領の各政権間で、冷戦後、そして、グローバル化した世界経済の中で生き残りをかけた攻防が新たな国際緊張を生んでいる。その中、日本は、同じく長期安定政権を維持する自民党の総裁選を経て、自国の安全保障に加え、国民の生活・経済をどのように支えていくのか。各国の外交の動きから探る。
 ロシアのプーチン大統領は9月12日、極東ウラジオストクでの東方経済フォーラムで、安倍晋三首相に対し、一切の前提条件を抜きに、今年末までに日露間で平和条約を締結するよう求めた。
 両国にとって、漁業、資源とともに、安全保障上重要な地政学的位置にある「北方領土」問題を事実上先送りを打ち出した形だ。
 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結する日本の方針に変わりはない」と述べ、要求は受け入れられないとの認識を示した。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

歌集『風のひびき ゴスペル第6集』
掲載曲エピソード紹介 第2弾

 歌集『風のひびき ゴスペル第6集』の作詞作曲者に、それぞれの思いを聞く企画の第2弾。今回はダビデ前田さんに話を聞いた。
―今回も多くの曲が掲載されましたが、作詞作曲で心掛けていることは?
ダビデ前田さん(以下、敬称略) 神さまに心を向けて礼拝できる曲を中心に、一般向けの曲でも、極力、歌詞の中にみことばを入れるようにして、決してゴスペルの本質が損なわれることがないよう心掛けました。
―掲載曲に関するエピソードなどを教えてください。
前田 今回、掲載された「Don't Give Up」「君色のストーリー」「FAMILY」の3曲は、それぞれ、結婚される方々のウエディングソングとして、与えられた曲でした。

→続きはこちら
  • Gifts 企業イベントでゴスペル
  • 前田サラファミリーバンド&Israel イベントでゴスペル
  • セプテンバーコンサート エウカリスティアスが参加
  • 論説 小さな事に忠実
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 松本彩さん
教会情報 トップへ戻る

中国
最大規模のキリスト教「地下教会」を閉鎖

 中国の首都・北京朝陽区民政局は、同国で最大規模のプロテスタントの「地下教会」が認可なしで活動していたとして、北京シオン(錫安)教会の閉鎖に踏み切った。
 同教会は、北京北部のオフィスビルの3階にあり、毎週最大1500人が礼拝に通っていた。牧師の話によると、9月9日午後の礼拝後、当局者約70人が教会に踏み込んだという。
 民政局は「捜査の結果、北京シオン教会は未登録で、社会組織の名目で不認可のまま活動を行っていたことが判明した」と発表した。翌10日、現場では、少なくとも十数台の警察車両、制服姿もしくは私服姿の当局者数十人が、礼拝に使用されていた建物で配置に就いていたという。

→続きはこちら
  • 感謝の人になろう 起こった問題の一つ一つを徹底して感謝する
  • 進め賛美隊 高知Jゴスペルクラブ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

「賛美の夏にしなさい」と語りかけ 後編
賛美して顎関節症がいやされた

 今年は日本滞在が、例年と比べると4日多くなっていました。いつも、私の仕事の都合や夏季講習、セラピー、クリニック通いのため、速攻アメリカに帰ってしまうため、あまり白馬キャンプ以外の行事や行楽場所に行けていませんでした。
 そんな中、うれしくって、当初は「どこに行こう、何をしよう」とウキウキワクワク遊ぶことばかり考えていたのですが、なぜだか誰とも予定が合わず、主に聞くことを忘れていたと気付きました。主はまた「賛美の夏にしなさい!」と語られました。
 そんな中、町田教会で外部奉仕コンサートがあると聞いたので、それに参加させていただくことになりました。そのコンサートを3日後に控えた日曜日の朝、主日礼拝に参加している時、娘が右耳の辺りが痛いと言い始めました。

→続きはこちら
  • Bible 光

米南部 ハリケーン「フローレンス」
死者31人に

 ハリケーン「フローレンス」は9月14日に、米南部ノースカロライナ州に上陸して、同州やサウスカロライナ州に大雨と強風をもたらした。
 その後、熱帯低気圧に変わった「フローレンス」は、16日も同州を中心に豪雨をもたらし、数万個の住宅に被害が及んだ。洪水被害などによる死者の数は、17日までに31人となった。
 沿岸の都市ウィルミントンは洪水により道路が遮断され、ニューバーンでは4300棟の家屋が浸水した。河川の水位はなお上昇しており、洪水被害はさらに拡大する可能性がある。
 ノースカロライナ州のクーパー知事によると、同州では洪水により900人以上が救助され、1万5000人が避難所に身を寄せている。

→続きはこちら
  • シリア内戦 イドリブ県への総攻撃回避
  • 台風22号 フィリピンで74人死亡
  • ナイジェリア 洪水被害で100人以上死亡
  • マクロン仏大統領 貧困支援に1兆円投入
  • 独首相 シリア軍事攻撃には不参加
  • 米中貿易戦争 関税報復合戦エスカレート
  • EU ユンケル欧州委員長 施政方針演説
  • シリア軍 露軍機を誤射
  • 米宇宙軍試算 創設5年で1兆4000億円超
  • 終わりの時代に向かって アメリカのパレスチナ支援中止

首相が日朝会談に意欲
日中首脳会談では訪中で一致

 安倍晋三首相は9月12日、ロシア極東ウラジオストクで開催された国際会議「東方経済フォーラム」で演説し、日本人拉致問題の解決に向けた日朝首脳会談の開催に意欲を示した。
 朝鮮半島の完全な非核化を呼び掛け、18~20日に開催の南北首脳会談が「非核化に向けた具体的な行動につながることを期待する」と述べた。同フォーラムは、ロシア極東部へ外国からの投資を促すのが主目的の国際会議だ。
 また、安倍晋三首相は同日、同国際会議に出席の習近平中国国家主席と会談し、首相が日中平和友好条約の発効40周年となる10月23日の訪中の調整を進め、首脳間の相互往来を加速させることで一致、習氏は首相の訪中を歓迎すると表明した。

→続きはこちら
  • 高齢者大国の日本 100歳以上が約7万人に
  • シニア層がフェイスブックを体験 兵庫県神戸市
  • 「﨑津集落」 外国人観光客に多言語対応 熊本県天草市
  • 近づく東京大地震 熱中症には「こまめ」な対応
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 一人一人に最善の道が開かれますように

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
ヤミーム・ノライーム(畏れの日々)

 現在イスラエルはお正月が終わり、お正月から10日後の大贖罪(しょくざい)日に向けて、通常よりも少しだけ静かで穏やかな日々が続いています。
 このお正月から10日間をヤミーム・ノライーム(畏れの日々)と呼ばれているのですが、ユダヤ教の教えでは、神さまは「いのちの書」をお正月に開き、大贖罪日までに誰の名前を書き込むかをお決めになります。名前を書き込まれた人は新しい年を健康で過ごせますが、名前を記されないと死や災難が待っていると信じています。
 そして、善人は名前を書かれ、悪人は名前を書いてもらえず、良くも悪くもない普通の人は、このお正月から大贖罪日までの10日間の悔い改めの度合いで、名前が書かれるかどうかが決まると言われています。

→続きはこちら
  • ザクロ
  • 旬の一品 サンマの竜田揚げ
  • ヘブライ語

困難な時代、どう生きるのか?
映画「パウロ 愛と赦しの物語」

 困難、迫害・殉教の時代。キリストに仕える者として、どう神の愛に立つのか? 映画「パッション」のイエス・キリスト役、ジム・カヴィーゼルがルカ役を演じた。
 西暦67年、ローマ皇帝ネロの、クリスチャン迫害が一番厳しかった時代。キリストの使徒パウロは、ローマの大火事の首謀者として、逮捕されて、地下牢獄に入れられていました。そこにキリストの弟子ルカが訪問し、後に聖書になった「使徒の働き」などを記述していきます。
 聖書の「使徒の働き」9章によると、パウロはキリストの弟子たちに対する「脅かしと殺害の意に燃えて」、「この道の者であれば男でも女でも、見つけ次第縛り上げてエルサレムに引いて来るため」にダマスコに向かっていた途上で回心(かいしん)しました。

→続きはこちら

注目This Week

<歌集>『風のひびき6集』

掲載曲エピソード紹介 2
幅広いジャンル
 

→2面 信仰面

<証し>「賛美の夏にしなさい」 後編

顎関節症がいやされた
整骨院の先生も驚き
 

→5面 体験記・証し面

<映画>『パウロ 愛と赦しの物語』

困難な時代
どう生きるのか?
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード