み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

米ニューヨーク マンハッタンで大きな爆発
29人が負傷 捜査当局は「テロの可能性」で捜査

 米ニューヨークのマンハッタンの繁華街で9月17日夜(日本時間18日午前)、大きな爆発があり、市警によると29人が負傷した。市警や連邦捜査局(FBI)は、爆弾テロの可能性との見方を強め、捜査中だ。黙示録の時代に向けた、イスラム過激思想に基づくテロの動きを追う。
 米ニューヨーク市警などによると、9月17日午後8時30分(日本時間18日午前9時30分)ごろ、マンハッタンの繁華街で大きな爆発があり、29人が負傷した。
 米メディアなどによると、歩道に爆発物が仕掛けられたとみられたが、近くで別の手製爆弾のような不審物も見つかったとの情報もある。
 捜査当局は、同爆発の容疑者としてアフガニスタン出身で米国籍のアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)を指名手配し、19日、ニューヨーク州内で同容疑者を銃撃戦の末に逮捕した。銃撃戦の際、警官2人が負傷したほか、ラハミ容疑者も負傷し、病院に搬送された。

→続きはこちら

  • フランシスコ法王 宗教者サミットに出席
  • 終わりの日時計

カンボジアチーム報告
教会のカバリングで信仰の成長 3人の洗礼者も

 2016年9月12日~14日の日程で、聖所から流れ出る水ミッションからカンボジアチームが遣わされた。
 今回の派遣では日本から12人、現地スタッフのルツ前田宣教師を含めて13人が参加し、2泊3日の短い日程でNGO法人礎の石カンボジア孤児院を訪問した。
 同孤児院は昨年、主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会のインターネットを通じた「オンライン会員」となり、孤児院の働きとともに教会としても活動する中で、子どもたちの信仰にも変化が現れてきていた。
 13日の夜の集会では、今回新たに子どもたちの中から3人の洗礼者が与えられた。また、子どもたちは日本で作られたオリジナルゴスペルの歌も日本語で上手に歌い、毎年7月に長野県の白馬岳山麓で行われている白馬キャンプにも行けるように熱心に神さまに祈るなど、教会のカバリングを受けることで、大きく信仰の成長が見られた。

→続きはこちら
  • 「いやしの集い」で救いといやし 東京アンテオケ教会
  • リバイバルナイト 東京アンテオケ教会で開催
  • Gospel Seed ゴスペルナイトに出演
  • 福岡Jゴスペルクラブ 「九州ゴスペルフェスティバル2016in博多」で賛美
  • 論説 「J.Gospel」-終末リバイバルの働きに至る扉を開く鍵-
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 ダビデ前田牧師
教会情報 トップへ戻る

欧州のイスラエル擁護団体
イスラエル国家の法的正当性を主張

 7月16日、イスタンブールで未遂に終わった軍事クーデターにより、国連教育科学文化機関ユネスコの世界遺産委員会の定例会議は、突然、劇的に終了した。
 この会議では、エルサレム旧市街の嘆きの壁はイスラム教の場所で、ユダヤ教やキリスト教と一切関係ないと宣言するパレスチナーヨルダン決議案について検討することになっていたが、10月24日にパリのユネスコ本部で再開することになった。
 これは、エルサレムについての歴史と法律に基づく事実を、ユネスコの世界遺産委員会のメンバーに提示してきたECIおよび国際的な団体による数週間にわたる、熱心な働きの結果だ。

→続きはこちら
  • バチカンとWCC エキュメニカル関係の位置付け検証
  • 【クリスチャンのキーポイント】 復興ローマ帝国
  • 【彼の打ち傷によって】 
体験記・証し トップへ戻る

祈りで、ぼうこうがんがいやされた父
「余命1カ月」が元気に 今、92歳!

 私の父は、現在92歳になります。神さまが父にしてくださったいやしの体験談です。
 父は20年ほど前に足の手術をしました。そして10年ほど前に、ぼうこうがんの病になりました。その時、クリスチャンであった私たち夫婦は病室に行って、心を合わせ父のぼうこうがんがいやされるように神さまに祈りました。
 そうしましたら、病院の医師の適切な治療とお祈りによって父はいやされ、元気になりました。
 そして、父は5年ほど前に心不全の病になりました。病院の先生から余命1カ月と診断されました。そのことを聞いて、私たちは神さまに感謝と賛美をささげました。 そして、再び、私たち夫婦は父の入院している病院に行って、父の病がいやされるように祈りました。

→続きはこちら
  • Bible ダビデとゴリアテ

NYで爆発テロ 29人負傷

 時事通信などによると、米ニューヨークの中心部マンハッタンで9月17日夜、爆発があり、市当局によると、29人が負傷した。
 国連総会が開かれ各国首脳が集まる中、周辺地域で爆発事件が相次いだことで、CNNが「2001年の同時多発テロを想起させる」と伝えるなど緊張が高まった。
 連邦捜査局などが9月19日、アハマド・カーン・ラハミ容疑者28歳の身柄を拘束した。
 爆発はマンハッタン南西部のチェルシー地区発生した。目撃者の話によると、大きな爆発音とともに煙が上がり、周辺の建物や車の窓ガラスが割れるなどの被害が出た。爆発物は手製爆弾とみられ、ごみ箱付近に仕掛けられていたという。
 容疑者は1988年アフガニスタン生まれ、95年に家族でアフガンから米国に来て、11年に米国籍を取得した。容疑者は頻繁にアフガンやパキスタンを訪れていたという。

→続きはこちら
  • シリア政府 「停戦終了」宣言
  • 今年最大級スーパー台風14号 台湾に大きな爪痕
  • ロシアと中国 合同軍事演習
  • 米ミネソタ州 男が刃物で襲う
  • 独首相 難民対応で問題認める
  • EU首脳会議 難民問題・テロ対策協議
  • 法王「世界を一つに」
  • イスラエル シリアからの砲弾を迎撃システムで破壊
  • 米 イスラエルに最大規模の軍事支援で合意
  • 今、世界で クリスチャン迫害の現状リポート
  • 終わりの時代に向かって 今年の国連総会

北朝鮮が核実験 核弾頭の威力の判定と発表
日米防衛相が初会談

 米国を訪問した稲田朋美防衛相は9月15日、カーター国防長官と初会談した。 北朝鮮による5回目の核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に関し「日米両国に対する、安全保障上の重大な脅威だ」との認識で一致した。また、沖縄県・尖閣諸島が日本の施政下にあり、日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認し、領海侵入を繰り返す中国をけん制した。
 北朝鮮問題を巡り、米国が日本に提供する、いわゆる「核の傘」による「拡大抑止」を保障する重要性についても見解を共有した。
 朝鮮中央テレビは9日「核弾頭の威力を判定する核爆発実験を行った」と発表し、「計算通りの結果が出た」とし、実験の成功を主張した。9日は北朝鮮の68回目の建国記念日にあたる。

→続きはこちら
  • 東アジアサミットが閉幕 「南シナ海」問題は平行線
  • 閣僚や民間で「未来投資会議」を新設
  • 小中学生に「ものづくり体験」
  • 隠れ家的リラックスサロン
  • ロボットで認知症の改善を
  • 近づく東京大地震 安全に避難するポイント(2)
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 恵みに満ちた一日

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
イスラエルのテレビ

 現在、イスラエルの大統領ペレス氏が脳卒中のため、入院しました。今年93歳を迎えたペレス大統領ですが、みんなからも愛されている大統領です。
 毎日のようにニュースではペレス大統領の容体を伝えていますが、一日も早い回復をお祈りしています。
 ところで、イスラエルでは、テレビ、ラジオがとても大事な国です。いつも何が起こるか分からないこの国では、市民はみんな必ずニュースを聞いています。
 特にイスラエルの情勢が悪くなると、バスに乗っていてもタクシーに乗っていても、そして街を歩いていても、テレビやラジオからはニュースばかりが流れています。携帯電話からもすぐにニュースが聞けるようにラジオ付きになっているほどすぐに情報がみんなに知れ渡る ようになっています。

→続きはこちら
  • 知って得する家庭の知識
  • 旬の一品 エノキとエリンギの肉巻き
  • ヘブライ語賛美

<広告>エルサレムの平和を祈る集い

10月2日午後6時~
ハイアット・リージェンシー東京B1階 桃山

→続きはこちら

注目This Week

<海外>カンボジアチーム派遣

教会のカバリングで信仰の成長
3人の洗礼者も
 

→2面 信仰面

<証し>祈りで、ぼうこうがんがいやされた父

心不全のいやしで救いも
「余命1カ月」が元気に 今、92歳
 

→5面 体験記・証し面

<広告>エルサレムの平和を祈る集い

10月2日午後6時~ 
ハイアット・リージェンシー東京B1階 桃山

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード